What up動画

タンブン ทำบุญ 徳を積むということは日本もタイも同じ

ワット・ポー วัดโพธิ์ 涅槃寺

僕の実家のある三津地区はお寺が多い。タイもお寺が多い。

寺院は僧侶が修行する場所、祈りを捧げる場所の他、集会所や学校の役割など生活に密接に関わっているようです。日本も同じ。

ワット・プラーケオ วัดพระแก้ว エメラルド寺院
ワット・プラーケオ วัดพระแก้ว エメラルド寺院
ワット・ポー วัดโพธิ์  涅槃寺
ワット・ポー วัดโพธิ์ 涅槃寺

タイに旅行に行くと街中のあちらこちらで黄衣をまとった僧侶や祠や寺院で熱心に祈る方達を目にすることが出来ます。日本と違う。

エーラーワン・ホテルのブラフマー神の祠 (ศาลท่านท้าวมหาพรหม โรงแรมเอราวัณ)
エーラーワン・ホテルのブラフマー神の祠 (ศาลท่านท้าวมหาพรหม โรงแรมเอราวัณ)

タイの方の大半は仏教徒で中にはイスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教など信仰する方もいます。

シーロム通りにあるヒンドゥー寺院「ワット・ケーク」

日本の仏教が「大乗仏教」と呼ばれ
「誰でも成仏できる、誰でも悟りを開くことが出来る」と教えるのに対して、

タイの仏教は「上座部仏教」といい
「出家して悟りを開いた者だけが救われる」という考えが基になっているそうです。

”この世に生きることは苦しみであり、苦しみの原因になるものは執着する心。執着する心を断つ最も効果的な方法は出家して僧侶として修行を積むことである。”

ルーツは同じですがルートを変え、長い月日をかけてたどり着いたそれぞれの考え方は、またこれから長い年月をかけて変わっていくのでしょう。

合掌。

コメントを残す